北九州市の不動産|株式会社アセットデザイン >株式会社アセットデザインのスタッフブログ記事一覧

株式会社アセットデザインのスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

不動産売却において司法書士が必要な理由を解説します!の画像


不動産売却において司法書士が必要な理由を解説します!
不動産を売却するにあたっては、司法書士を手配すべきか迷っている方は多いでしょう。 できるだけ安く手続きを進めたいという理由で、司法書士への依頼を躊躇する方も少なくありません。 しかしながら、プロに代行してもらわなければ難しい手続きが多いのも事実です。 そこで、この記事では司法書士の必要性について解説します。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産の売却における司法書士の必要性 不動産売却における司法書士の役割は、登記の移転手続きをすることです。 不動産の売買取引は契約が成立すれば終了というわけではなく、登記の転移が必要になります。 登記とは、その不動産について現在の所有者が誰なのか、今までど...

2021-06-15

遠方の不動産を売却するには?方法と注意点を解説の画像


遠方の不動産を売却するには?方法と注意点を解説
相続した不動産や、引っ越し後に売却したい不動産など、物件が遠方にある場合、どのように売却をすればいいのか悩みをもつ方も多いでしょう。 不動産の売却はさまざまな手続きがあるため、遠方に住みながら働く方にとって、売却は面倒なイベントといっても過言ではありません。 そこで今回は、不動産の売却を検討する方に向けて、物件が遠方にある場合の売却方法と注意点についてご紹介します。 弊社へのお問い合わせはこちら遠方の不動産は現地に行かないと売却不可?遠方からの売却方法 土地や建物など不動産の種類に寄らず、その売却に際して次のようなタイミングで現地に訪れる必要があります。 ●売却査定 ●媒介契約締結 ●売...

2021-06-15

不動産売却においての現状渡しとはどんなもの?そこにはメリットと注意点もの画像


不動産売却においての現状渡しとはどんなもの?そこにはメリットと注意点も
不動産売却において「物件を現状渡しする」という売却方法があります。 現状渡しとはどんな売却方法なのか、そのメリットや注意点・デメリットはどんなものか、今回はそれらについてお話しします。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産売却においての現状渡しとはどんな売却方法なのか? 不動産売却においての現状渡しとは、その言葉が示すとおり「物件に手を加えず、現状のまま引き渡す」という売却方法です。 不動産売却の際には、基本的には壁のヒビや給湯器の故障、壁紙のはがれなど、売却物件に破損や不具合があった場合、それを補修・修理・リフォームしてから売却するのが一般的ですが、現状渡しはこれをやらず「破損や不具合も...

2021-06-08

トップへ戻る